正しい知識を知ろう|更年期障害の正体とは

ドクター

在宅でも治療できます

聴診器

世田谷区の内科では通院が困難となった方でも治療を継続して受けることができる在宅医療サービスに力を入れています。在宅医療では医師による診察のほか薬剤師による投薬や看護師や介護士による介護サービスなどを受けることができます。病院での検査や診察が必要な場合には送迎などのサービスも行っています。

詳細

脂質を押さえておこう

病院

脳腫瘍の予防には普段の食事において高タンパク質や高脂質の食べ物を控え、野菜や果物を積極的に食べましょう。脳腫瘍には良性と悪性があり、そのもっとも大きな違いは急激に腫瘍が増殖するかどうかと、転移をするかしないかです。

詳細

年齢を経ることで現れる

婦人

似ている症状

女性の更年期障害は卵巣機能が低下する年齢になって発症するものですから、五十代以降に発症すると思われがちです。しかし早い人であれば四十代でも更年期障害になることがありますので注意しましょう。また更年期障害の症状は人によって異なります。中にはとても症状が軽い方がおられます。更年期障害はできるだけストレスを溜め込まない人の方が症状が軽度で済むと言われていますので、人間関係や職場のストレスは適度に解消するようにしましょう。また更年期障害では眩暈やほてりなどの身体的症状の他に、怒りや憂鬱などの精神的症状が現れます。こうした症状は抑うつの初期症状に似ていますので、誤って判断しないように注意しましょう。更年期障害は鬱病とは異なる治療を行います。

治療で治す

人間の身体は年齢を重ねることによって変動し、それによりエストロゲンなどのホルモンバランスが乱れます。更年期障害は男女共に起こる障害であり、症状が重度な場合は病院で治療を受けることが大切です。男女どちらの更年期障害であっても男性ホルモンや女性ホルモンの低下で更年期障害を発症します。病院に行けばこうしたホルモンを充填するための治療を行ってもらえるのです。ホルモン補充の治療は主に薬によって行います。飲み薬だけでなく注射を選択することも可能ですから、病院で相談してみましょう。また中には漢方を処方してくれる病院も存在しています。漢方であれば患者さんの体質そのものを改善してくれますので、更年期障害以外の不調に悩んでいる方にとってもお勧めです。

いびきが大きい人は注意

眠る男性

睡眠時無呼吸症候群は夜中に何度も呼吸が止まることで睡眠がとれず、日中に悪影響を与えるという症状が現れます。日中の居眠りは社会的にも問題であり、車の運転中に眠気があると大変危険です。睡眠時無呼吸症候群は病院で治療を受けるべき病気です。

詳細